メゾン・シャルトーの方針

メゾン・シャルトーは、ゲランドの塩業協同組合に加入していない、独立した塩職人です。2016年、協同組合はゲランド産の塩の名称登録を行い、「IGP」(原産地名称保護)を取得しました。これによりメゾン・シャルトーの商品は、正式にゲランド産の名称を使用することができなくなりました。
協同組合に加入しなかった理由は、品質の良い塩を生産したい、というシンプルな願いからです。ゲランドの塩業協同組合に加入すると、組合が規定する生産方法に従わねばなりません。収穫から商品の袋に入るまで、一貫して機械を使用した運搬や濾過作業、さらに加熱による乾燥工程が定められています。
このために、メゾン・シャルトーは独自の工程を守るべく、独立した塩職人でいることを決めました。フルール・ド・セルは、収穫時に白い塩のみを選別し、水切りも100%自然の力で行い、2.5mmの結晶のみを手作業で選別しています。これにより、塩の結晶が硬化していない、口どけの良いフルール・ド・セルが生まれます。グロ・セルも同様で、塩田からアトリエまでの移動、濾過作業はすべて手作業で行い、塩に混ざっている不純物を機械で粉砕するのではなく、手作業で取り除いています。
ゲランド産のIGP認証はありませんが、Maison Charteauブランドによる高品質の商品をぜひお試しください。
(2016年10月更新)
 

ONLINE STORE